数珠に関する情報が満載!

数珠の基礎について知ろう

お葬式事や法事等で必要となるのが数珠です。
数珠を持って仏に手を合わせる事で功徳を得る事が出来るとされています。
功徳を得るだけではなく、平穏な暮らしができたり災いを逃れる事が出来るとされています。
正式な珠の数は108個とされており、108個というのは108の煩悩を消滅させる功徳の為にあるとされています。
普段良く見る事が出来るタイプは、18個〜43個ぐらいの珠で出来ているタイプになっています。
普段使用している略式タイプに、大きな違いは無い為に各宗派で使用する事が出来る様になっています。
略式タイプは女性用と男性用に分かれています。
男性用は大きい珠が使用されていますし、女性用は小さな珠が使われています。
数珠に使われている珠の素材も様々となっています。
木の素材を使っているタイプでも、黒壇・紫壇・白壇等の素材が使用されています。
木の実が使われているタイプでは、菩提樹が用いられています。
菩提樹は、お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いた事から、昔から尊い木とされている為に、現在でも利用されています。
星月菩提樹には、特徴的な細かい斑点の表面となっています。
石のタイプでは、水晶や珊瑚等の様々な石が使われています。

数珠は仏界と自分をつなぐ貴重な珠です

数珠の起源はお釈迦様が国の乱れを治め、悪病を退散させるにはモクケンシの実を108珠つないで仏の名を念ずればよいと語ったことからです。
モクケンシの実とは、ムクロジの実のことです。
ですから108珠が正式で、仏を念ずる時に用いるものなので、念珠ともいいます。
数珠は一人ひとりの身代わり(お守り)になるもので、これを持つことで功徳があるとされています。
念珠の輪に手を通すことで、仏界と自分自身をつなぐといわれ、合掌することで仏によって生かされているということに気付くのです。
ですから数珠は貸し借りする物ではないのです。
社会人になったら、やはり自分用の念珠を持ちたいものです。
そしてできるなら、常に携帯すべきです。
宗派によっても違いがあり、本式念珠と略式念珠があり、正規ならば自分の宗派の正式なものを持つべきですが、世間ではいろんな宗派があるため、特に宗派に拘らない略式の念珠でも問題はありません。
ある程度歳がいった時はそれ相応に自分の宗派の正式念珠を持つことです。
正式念珠はその宗派の教えに基づいており、より篤い信仰を顕すものです。
又、自分の宗派の念珠で他の宗派の葬儀に出席してはいけないということもないのです。

Valuable information

チャイルドシート・ジュニアシート・ベビーシートが充実の品揃え!!

チャイルドシートを買う

大坂にあるネイルスクールで学ぼう!

大阪 ネイルスクール

地域密着だからできる大手を通さない低価格 地域の方々に愛される会社を目指して日々精進しております。

東大阪 リフォーム

ツケマより、自然にVOLUPが叶うので、本数を多めにつけても違和感なし

池袋 まつげエクステ

2015/3/20 更新


ページ先頭へ▲